IR・広報

研修報告

令和2年度

中間管理職研修の実施

令和2年11月24日(火)

 今年度は、新型コロナ感染症対策から職員の外部研修を控えざるを得ない状況です。しかし、ピンチをチャンスに切り換える発想で、今まで階層別研修の一環である中間管理職研修未実施が課題であったため、これを機会と捉え、11月24日(火)に実施しました。

 法人の未来を担う課長から主任までの14名を対象職員として、前半は岩渕理事長から「中間管理職に期待すること」などの講義形式で進め、後半は3人~4人のグループワークで「当法人の10年後の運営や事業を考える」というテーマのもと、議論・検討をしました。

 最後に、4グループからの発表を行い、理事長からの法人に対する熱い想いが込められた講評で終了となりました。日ごろは考えることがないようなテーマを考え、他セクションの職員と議論をしながら進めるという貴重な時間でした。

中間管理職研修

中間管理職研修