法人概要

理事長挨拶

理事長挨拶

岩渕壽郎

社会福祉法人神奈川県厚生協会 理事長岩渕 壽郎

当法人の前身は、昭和20年の終戦の年に傷痍軍人の職業更生を目的に、平塚総合作業所として開設されました。その後、戦後の混乱から紆余曲折を経て傷痍者緊急保護施設として、神奈川県立平塚貴峯荘授産所が誕生しました。
昭和33年に県立施設から社会福祉法人神奈川県厚生協会を設立し、今年で58年を迎えております。
昭和39年頃から脳性麻痺による障害者の方々の受入れを開始し、時代の要請に応えるため、従来からの方向性を大きく転換をしてまいりました。
さらに平成17年に貴峯荘湘南の丘、平成25年には共同生活援助事業所 第一貴峯館を、平成28年6月に貴峯荘第2ワークピアを開設するなど、常に求められるサービスの提供と拡充に努めてまいりました。
これからも、障害者の方々の働く場を確保するとともに「安心」「安全」な定住拠点を地域社会との「連携」「交流」を基に築いてまいります。
引き続き、皆様のご理解とご支援をよろしくお願いします。